--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.02 つれづれと
そもそも何で行政書士に興味を持ったのかなぁ・・・
たぶん自分でいつか起業してみたいと思ったのがきっかけかな。
そうなれば法律知識はあっても邪魔ではないし、生活の面でも役に立つ。
しかしこの資格を取っても自分が外国に居たんじゃ全然役に立たないのよねorz
でも今は何かやり遂げた!っていう達成感が欲しいのかもしれない。

しかし昨今法律系の資格って風当たりがキツイね。
一度試験さえ合格すれば資格はずっと有効。
だから結局のところ昔からやってるじいさん先生たちが縄張りを持ってるから参入がちょっと難しい。
それにオンラインの導入で個人で申請も可能になってきた。
司法試験はというと数年前から始ったロースクール制度の導入で弁護士が年間3000人とかなんとか・・・そんなに増えてどうするよ。
難関試験に受かったのに仕事がない・・・なんて悲劇も起こりかねないよね。
スポンサーサイト
Comment
わたしは父が行政書士として開業しています。父は行政書士会の役員も長年務めており、そういう影響もあって、『行政書士は食えない』という認識はゼロです。
しかし、父の場合、ある議員も兼任しているので、そっちのチカラもあって行政書士も軌道に乗っているのかは分からないですが・・・。
まずは社労士からスタートし始めたわたしもやっぱり父の後に続きたい気持ちが最近強いんですよねぇ・・・。
ふるっち (URL) 2007/12/04 Tue 20:58 [ Edit ]
お父様は先生なんですね、素晴らしい。
良い先輩が身近にいらっしゃっていいですね。

もちろん「食えない」とは思ってませんよ~
全てはやり方ですね。
社労士とのWライセンスなら言うことなしですね♪
peko (URL) 2007/12/04 Tue 21:44 [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。