--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.09 おともだち
同じくらいの月齢のお子さん(Aくん)を持つお母さん友達ができたので、昨日その方のお家にお邪魔させてもらった。
Aくんもうちの子もやっとお座りができるくらいの月齢でもちろんお喋りなんかもできないし、一緒に玩具を使って上手に遊んだりもできないけれど、相性がいいみたい。お互いじっと見つめたり、相手のことが気になったり、観察してて面白かった。

これが「ママ友」ってやつなんかなぁ。
気が合う、話が合うはもちろんのこと、やっぱり同じ悩みや共感があるということが一番のポイントなのかもしれない。
Aくんのママは本当にいい人。
私にも子供に優しくて、程よく距離を置いてくれて(根掘り葉掘り私のことを聞いてきたり、噂話しない人)、物腰や声がとてもやわらかい。
毒のある人も結構好きなんだけどw、こういう癒し系な人もいいなぁ。

子供の為にこれから気の合わない人ともうまくやっていかなきゃいけないことがあるだろうが、私にはそれができるかなぁ。
笑ってうまく受け流すのは得意だからなんとかなるかな。

ちょっと気づいたこと。
子連れは空気読めないとチクチクと掲示板で叩かれることが多いけど、なんかちょっと分かってきた。子供に気を取られすぎて他に気が回らないんだね。たぶん。
昨日は子供と一緒にお邪魔させてもらって、玩具でたくさん遊ばせてもらったり、転んで頭を打たないようにとクッションなんかも用意してもらってリビングは散らかり放題。
ふと気づいて、帰る前に玩具を箱に入れたりして片付けて帰ったけど、子供が愚図ってたりなんかすると忘れてそのままにしてただろうなーと。
最低限のマナーとしていつも気をつけておかないとなと思ったのでした。
スポンサーサイト
2007.12.12 それほど甘くない在宅ワーク
前職場からどうしても手伝って欲しいと言われて、今日は半日家で仕事しました。
久しぶりの仕事、そして急ぎの内容だったので、必死でお昼から夕方までやりました。

そう、一人だったらそれだけ頑張れば良いのです。

しかし、私、一児の母。

大変でした・・・

息子は最近私が少しでも離れるとすぐに半泣き。
私がPCに向うと泣いて猛アピール。
たぶんネットやってるときって自分に注意がいかないから嫌なんでしょうね。

そんな状況下なので、私のPCでの作業は全く持って進みません。
仕方ないので椅子の上にバンボチェアーを乗せてそこに座らせてみると、私がやってる仕事を物珍しそうに見て楽しんでる様子。
それだけではすぐに飽きられるので、BGMはとなりのトトロ。
キーボードを打ちながら、歌い、そして息子と遊ぶ。
私ってなかなか器用??w

その後、そろそろお昼寝の時間になったのでベッドへ。

し・か・し

こういう時に限って泣いて寝てくれません。
たぶん息子は何か感じ取っていたのかもしれません。
うーん、なんかちょっぴり切ない。
ごめんね。

ちょっと前まで子育てしながらフリーランサーで家で仕事でもしてみようかと企んでいたけど、子供が起きてる昼間には絶対に仕事なんかできないなーと思いました。
行政書士の勉強も子供が寝てからの時間が勝負。
お昼はたくさん遊んであげないとダメですね。
2007.12.09 離乳食始める
今日から離乳食を始めた。
食いしん坊の息子は嫌がることもなくペロリ。
スプーンを掴もうとするから大変だ・・・

babyrice.jpg

日本では10倍がゆというものが一般的みたいだけど、簡単なようでなかなか手間がかかるようなので、こちらで売ってるBaby Riceなるものをを購入。
作り方はとても簡単で、この粉とミルクを溶かせばOK。

日本の離乳食はダシを取ったりとなかなか手が込んでるな~
そうやって味覚を発達させてるのね。
日本人が食べ物にうるさいのがよく分かるかも。
もちろんこちらは味付けなし!w>やっぱり!
でも作る方としてはとても楽なんだけどね。

離乳食のスケジュールはgooベビーを参考に。
上手な離乳食の進め方・与え方 前期前半

明日からお昼の一食はベビーライス。
明日も一さじあげたら、あさってからは二さじ・・・それに慣れたら三さじ・・・という具合に増やして、その後は野菜やたんぱく質の離乳食も与えていく・・・という感じ。

平日はいつも適当に食事をしているので、これを機に自分の食生活も改めていかないと・・・。
2007.12.08 6ヶ月を迎える
たまには子供のことも書いてみよう。

今日で丸6ヶ月。
生まれてから今日まであっという間だった。
産んだ直後はとにかく不安で不安でどうしようもなかった。
万が一のことがあったらどうしよう。
冷静になって救急車を呼べるか、症状を説明できるか・・・
両親や親戚がいない海外生活、夫の英語もあまり期待できない(汗)
そんなことばっかり考えてたけど、まあなんとかなるもんだ。

産後はどんな日常になるのかあまり想像ができなかったのだけど、しんどかったのは1,2ヶ月でその後はペースも掴め、世話にも慣れて楽になった。
妊娠中は1日でも早い社会復帰を・・・と考えていたけれど、産んだ後はもう片時も離れたくないって思うようになるから不思議ねぇ。
そういう風に上手いことできてるのね人って。

ちなみにロンドンはフルタイムで子供を預けると£1000くらい(22万円くらい)はかかる。
余程か稼げるか、今のキャリアを捨てたくない人以外は働く意味がない。
産後の不思議な母性も手伝って私は家に引っ込むことにしたけど、またいつかは働けるように今の時間を大切にしようと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。