--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.08 撃沈
今日FCEの模試が終わりました。
完全に準備不足でした。
まだまだ修行が足りません。

今日はスピーキング以外の全ての科目をやったわけですが……

Reading)
 時間が足りず、知らない単語多々。

Writing)
 表現が稚拙すぎ、気の利いた言葉が入れられなかった。

Use of English)
 比較的時間に余裕はあったが……出来は70%くらい。

Listening)
 試験中にいきなり非常訓練が始る(汗)
 リスニング対策の準備不足をしみじみ感じる。

来月が本番なわけですが、あと1ヶ月……とにかくベストは尽さないと。
がんばろ。

かなり弱気な今日この頃ですが、応援してやって下さい。
FC2 Blog Ranking
英語学習ブログランキング
スポンサーサイト
2006.03.07 FCE対策
FCEテキスト

ケンブリッジ英検(FCE)の日本語の情報って本当に少ないので、私もまだまだ新参者ですが、知ってる限りの情報を書いてみたいと思います。
※ロンドンに住んでる人じゃないと役に立たないかもしれません……

私の使ってるテキストは上の写真のものです。
Longmanから出ているFirst Certificateシリーズ。
語学学校から勧められたものなので優良だと思います。

・Reading
・Listening&Speaking
・Writing
・Use of English

の全部で4冊です。
お値段は1冊だいたい13ポンドくらいです。
答えは薄い冊子(1冊7ポンドくらい)で別売りになっています。
Listening&Speakingには別売りでテープ(44ポンド)があります。

Amazonでは残念ながら見つけることができなかったので、教科書とテープはCharing Cross RoadにあるFoylesという大型書店で全て揃えました。
Foylesはすごいです!ESOL専用のエリアがあって教材がとても豊富です。ここに行けばないものはないと思います。

ケンブリッジ英検公式サイトはこちら
http://www.cambridgeesol.org/index.htm

英語学習ブログランキング
2006.02.08 イギリス英語教材
BBC World Servicce | Learning English

TOEIC対策ですっかりアメリカ英語に慣れてしまった私。
イギリス英語が聞き取りにくい……orz
ケンブリッジ英検のこともあるので、何か良い教材はないかと探していたら、BBCの素晴らしいサイトを発見!
音声とスクリプトもちゃんとあるので、わざわざCD付きのテキストなんて買う必要なし!
これでイギリス英語でシャドーイングできるわ~♪

英語学習ブログランキング
2006.01.30 ケンブリッジ英検について
ブリティッシュカウンシルのサイトで調べたら、ケンブリッジ英検は5段階のレベルがあるらしいです。

ケンブリッジ大学EFL検定の5段階評価
ケンブリッジ大学EFL検定の評価基準は、Association of Language Testers in Europe (ALTE-ヨーロッパ語学検定協会)によって確立され、ヨーロッパの諸言語を対象とした能力評価の国際基準として幅広く用いられている5段階制に沿ったものです。

Key English Test (KET)
レベル1 基礎級およそ180~200時間の英語学習で達成するレベル。PET(初級)の半分の語学力にあたり、日常生活で必要な最も基礎的なコミュニケーション力を見ます。13歳以上の方に適しています。

Preliminary English Test (PET)
レベル2 初級およそ375時間の学習時間で達成するレベル。FCE(中級)の3分の2の語学力にあたり、簡単な日常会話に参加できるレベルの英語力があるかどうかを見ます。

First Certificate in English (FCE)
レベル3 中級英語を使って仕事や留学を目指す方が多く受験するレベルです。最も受験者が多いレベルで、中級レベルの英語能力を証明する試験として世界的にも広く知られています。

Certificate of Advanced English (CAE)
レベル4 仕事で上級英語を使用する方に適した上級の試験です。日本では大学生や若いビジネスマンらが多く受験しています。多くの大学では、このレベルが入学時に必要な英語力の証明として採用されています。

Certificate of Proficiency in English (CPE)
レベル5 最上級英語を母国語とする人に劣らない英語力の持ち主であることの証明となる試験です。英国や他の英語を公用語とする国の大学で、入学時に必要な英語力の証明として採用されている他、世界各国の各機関で認められています。

日本ではTOEICの方が有名ですが、ヨーロッパの外資企業を受けるならこの資格も有効かもしれません。こっちの方が断然ヨーロッパではメジャーですから。

英語力検定試験レベル比較
http://www.aswho.com/abroad/test/level.htm

もし受けるなら、私の場合はFCE、CAEあたりの対策をすればいいかな。
ま、とにかくは基礎を押さえた上での話ですけどね。

英語学習ブログランキング。
もしお役に立てたらポチっとよろしくデス。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。